日本酒の種類や製法について

ひとくちに日本酒といっても、さまざまな種類があり、複雑で分からないという方も多いのではないでしょうか。
私ども山形地酒相場.comで取り扱うこだわりの日本酒、その種類や製法を少し知っていただくだけでも、選ぶ楽しみ、飲む楽しみが膨らみます。ここではその違いについてご紹介いたします。

製法による区分

  精米歩合 麹歩合 アルコール
純米大吟醸 50%以下 15%以上 無添加
大吟醸酒 50%以下 15%以上 若干の添加
吟醸酒 60%以下 15%以上 若干の添加
純米吟醸酒 60%以下 15%以上 無添加
本醸造酒 70%以下 15%以上 若干の添加
純米酒 規定なし 15%以上 無添加

「吟醸」と付く酒はその特有の香り(吟香)に特徴があります。なお、上記の分類は製法や原材料による区分ですので、お酒の味の価値やランク付けをしたものではありません。米、米麹、醸造アルコール以外のものが少しでも含まれるものや、醸造アルコールが一定量以上のものは「普通酒」に分類されるので、上記には含まれません。

「生酒」とは?

「酒を造る工程で、最後に「火入れ」という作業を行うのが一般的ですが、これを行わないことで新鮮な香りや味を楽しむことが出来ます。それが生酒です。
デリケートなお酒ですので、冷蔵庫に入れていただき、開封後は早めにご賞味ください。

「特別」純米酒、本醸造酒とは?

これは、「精米歩合60%以下、又は特別な醸造方法で造った酒」につけられます。

心に残る贈答品に

商品カテゴリー

商品検索

▲ページの先頭に戻る